びびっこのトレード日報

テクニカル分析に基づくシナリオトレード!目線がコロコロ変わるのはチャートが変わるから♪

6.30 シストレ体験

calendar

普段、チャートやトレードに関することしか書いていないのですが、たまにはだらだら日記を。

シストレの勉強

私、監視銘柄が多くなってくると、チャンスを拾いそこなうことが結構あるのでなんとか影分身的なことができないかと考えていました。

そしたらシストレというものがあるとのこと。

何がいいかなぁと探してみたところ、大別すると2パターン。

  • API経由で発注ができるタイプ
  • 画面情報をパースして自動クリック発注するタイプ

どう考えてもAPI経由で発注できた方がいいので、後者は選択枝から排除。

シストレツールの中身の分類としては、

  • 発注に重きを置く発注ソフト
  • 売買ロジックの組み立てに重きを置くストラテジ作成ソフト

という感じ。

私が欲しいのは後者ですね。

また、対応している投資対象が、

  • FX専用
  • 225/先物専用

このように区分けされている感じです。

これらの情報をもとに、私の用途をまとめてみますと、こうなります

「API経由で発注が可能で売買ロジックを組み立てられて株にも対応していること」

現状、株でAPI発注が可能な証券会社はカブドットコム証券しかありませんので、カブドットコム証券のAPIに対応しているソフトの中から吟味すると、

iTRADE

だけが対応していました。

無料体験が2週間ついていたので、現在お試し中。

iTRADEを使ってみての感想

やりたいことができない!w

私のやりたいことを簡潔に言いますと、

意味のある高値と安値が意味のあるレジ・サポにぶつかったタイミングでのエントリー・決済

です。

意味のある高値や意味のある安値というは、期間最大値・期間最小値というツールから取り出すことができるのですが、期間最大値(最小値)を付けた日付が取得できないのです。

例えば、3日前に期間最小値(ローカルボトム)を付けたとします。

このとき(3日前に)ボリンジャーバンドの-2σにタッチしていたら反転の兆しがありそうなのでエントリーをする、というロジックを組もうとするとします。

しかし、前述した通り、期間最小値を付けた日付(=3日前)が取得できないため、3日前のボリンジャーバンドの-2σ付近の値を取りに行けないのです。

また、リアルタイムトレードのサポートもうたっているわりには、分足単位での売買ロジックがうまく組めなさそうな感じで (例えば、15分足のEMA15のXX時XX分の値の取得等) 、デイトレにはちょっと微妙です。

1日以上のスイング用のツールなのではないかなと感じました。

全然使いこなせていないのですが、少なくとも私のやりたいことができないことがわかった数日でした。

はぁ、時間を無駄にしてしまった。ショック。素直にチャート分析していればよかったよ。

まぁ、その代わり、色々なオシレーターや移動平均線の数値の研究とかも並行してできたから勉強にはなったかも。まだまだ勉強が足りないね。

ではでは、良い休日をお過ごしください!(^o^)丿

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

folder ビットコイン

1.27 BTC 
more...

folder リップル

4.21 XRP/窪田製薬
more...

folder 未分類

7.11 前場
more...

folder

7.22 後場
7.22 前場
7.19 後場
more...